短冊切り

短冊切り
「短冊切り」とは、文字通り七夕などで使う短冊の様な長方形の板状にする切り方です。
長さ4~5cm、幅1cmくらいの長方形を幅2mm程度の厚さに切っていきます。

火が通りやすいのが特徴で、汁物や炒め物によく使う切り方です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする