サバ缶と豆苗の塩炒め

サバ缶と豆苗の塩炒め

サバ缶(水煮)を使った簡単アレンジレシピ。豆苗のしゃきしゃきの食感がさっぱりした味にな前菜としても使えます。サバ缶の旨味をなくさないようにさっと炒めるのがポイント。

材料(2人前)

  • サバ缶(水煮)

    1缶(約200g)

  • 豆苗

    2袋

  • 鶏がらスープの素

    小さじ 1/2~1

  • こしょう

    少々

  • にんにく

    10g

  • ごま油

    小さじ 2

  • 唐辛子(輪切り)

    小さじ 1/4~

  • ごま油(仕上げ用)

    適量

作り方

豆苗は、根元を落とし長さを半分に切っておく。
にんにくは縦半分に切り芯を除いて包丁の腹でつぶしておく。

にんにくは縦半分に切り芯を除いて包丁の腹でつぶしておく。

フライパンにごま油、にんにく、唐辛子を入れ弱火にかけ、香りが出るまで加熱する(3分~)

フライパンにごま油、にんにく、唐辛子を入れ弱火にかけ、香りが出るまで加熱する

香りが出たらサバ缶を水気を切って入れさっと炒めたら豆苗、鶏がらスープの素、こしょうを入れ火を消してごま油をまわしかけて出来上がり!

ごま油をまわしかけて出来上がり!

おすすめの無添加のさば缶「モンマルシェ」




通常のサバ缶で使われるサイズとは異なる本来なら刺身や焼き魚として味わう「大ぶりさば」を使用していて、身がたっぷりで脂ノリが良く、旨味が格段に変わってきます。それに、原材料は天然の大ぶりさばと塩のみで一切の添加物を含んでいないので、安心・安全といった健康面でもオススメしています。
詳しくはこちらのページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする